葬儀後にお墓購入するための供養形態について

葬儀を終えた際にお墓を購入するにあたっては、いくつかの段取りを踏まなくてはなりません。その上で、大まかな手順を紹介します。

供養形態を選ぶ際、自身でお墓を建てる場合は、親族間で管理するようになります。その場合は、親族とともに同じ墓に入れることがメリットになります。個人墓・夫婦墓をつくる場合は、自分たちの意向に合わせたお墓を作りやすく、跡継ぎの問題を考える必要がありません。

寺院や霊園に管理と供養を依頼する永代供養もあります。跡継ぎがいない家庭も増えており、管理面での心配がある方もいますが、この方法であればそのような問題が生じません。また、自分でお墓を建てるよりも、永代使用料などの費用が抑えられます。ただし、遺骨が取り出せないので注意が必要です。
   
樹木葬では、霊園の敷地などに遺骨を埋葬します。費用は、総額50万円程度のところが多いです。特定の場所に埋葬されているので、お参りもしやすいです。ただし、交通の便が悪い場所もあります。そして、まだ浸透していない方法でもあるので、親族間で納得したうえで埋葬しないと、トラブルにもなりかねません。

寺院などの納骨堂で埋葬することも出来ます。この方法では、恒久的に収納できること、遺影写真も室内に保管することが出来ることがメリットとなり、天候の影響も受けません。ただし、防災や衛生上の理由から、お参りの際に線香やお花をあげられないところもあります。

葬儀後にお墓を購入するにあたり、寺院などで管理する方法もあります。その場合は、初期費用は抑えられますが、親族間でお墓購入時期の管理面を含めた話し合いが出来ていないと、親族間トラブルに繋がるので注意が必要です。