葬儀後にお墓を購入する際の注意点

お墓購入時期を葬儀後にするにあたり、供養形態や予算などの他にも、注意点がいくつかあります。

墓地・霊園の立地条件は、確認するべき一つのポイントです。末永く自身及び親族が管理するにあたり、交通の便が悪い場所では、負担が増えます。また、日当たりのよい場所にお墓を建てると、カビが生えにくいです。そして、お盆などで家族でお参りする場合、お供え物や掃除用具を持参するにあたり、車を利用する方が多いです。そのため、駐車場があると、とても便利です。その上で、お盆や正月などは混みあいやすいので、広い駐車場がある場所がおすすめです。

宗派を問わずに利用できるところもありますが、寺院などで管理をする場合は、宗派の確認は必要です。また、開園時間が決まっているところもあります。

その他、寺院への維持費用が発生しているところでは、草木や墓石の管理状況を確認することがおすすめです。法要施設がないところでは、別途会館使用料が発生します。

寺院・霊園について、気になる場所があれば、資料請求・見学をすることがおすすめです。見学するにあたり、お墓の形状やデザイン・立地環境などの雰囲気を味わえます。管理されている方にも、管理の流れについて確認することが出来ます。多くの場合、契約するまで複数回訪れても無料で対応してもらえます。遠方の場合は、電話などでも相談対応をしてもらえます。

葬儀・法要を終えてからも、お墓をつくること及び、定期的な管理の問題が発生します。費用面及び故人の意向を踏まえた上で、お墓購入時期をを考え負担の少ない場所に建てることが、末長く大切な管理へと繋がります。