葬儀後のお墓購入時期、費用はどうなる?

葬儀には、僧侶への戒名料金や会場使用料などで、まとまった金額が必要となります。香典や各種補助金などで葬儀のお金を負担を軽くすることができたとしても、お墓を購入するにあたってはそれなりの費用が発生します。そこで、ここでは大まかな費用について紹介します。

新規に購入する場合には、永代使用料・墓石代・管理料が必要となります。お墓を建てるにあたって、無断で建てることはできません。納骨堂や寺院・墓地などで建てるのですが、その永代使用料は平均すると80万円です。しかし、地域や立地条件によりその幅は前後します。

墓石を建てる場合は、まず、石材店に相談することから始めます。そして、石材費・作業の際の工賃・整備費用が発生します。お墓購入時期によってある程度左右されますが、墓石代の相場は平均で130万円程度です。

霊園やお寺に納める場合は、管理料が発生します。これは永代使用料とは別の、光熱費や共有スペースの維持管理費のことです。管理料は1年から数年単位での支払いとなりますが、年間1万円程度が相場です。しかし、この支払いを怠ると、お墓の使用権が取り消されて、最悪は無縁仏となります。そのため、年間で支払うにあたって、負担になるか否かを確認する必要があります。寺院墓地を選択した際には、檀家になりその寺院に所属することになります。入檀料には10万円からが相場となっていて、各種法要でのお布施の費用が別途発生します。
 
葬儀の後でお墓を建てるにあたっては、お墓購入時期以外にも様々な費用が発生します。その上で法要・年間の維持管理費を計算した上で、生前墓を含めて最善の購入方法を選ぶ必要があります。